KIR 第1回水素エネルギーテクノシンポジウムを開催しました!

京都イノベーション・リソース(KIR)は2016年度より、最近の技術開発の進展と適用拡大が顕著な炭素繊維複合材料(CFRP)をテーマに、3回のテクノシンポジウムを開催してまいりました。

 今回は“持続可能なエネルギー社会の実現”を目指して、その中でも特に『水素エネルギー』をテーマに選定し、関心をお持ちの企業様の技術力向上や実用化の推進に貢献するべく、最近の動向や技術開発の内容を紹介するシンポジウムを開催しました。   

当日は企業、大学、公設機関等から43名の方々にご参加いただき、講演後の質疑応答では活発な討論がなされました。

 事後のアンケートでは、シンポジウム全体としては「満足」または「大変満足」で参加して良かったという感想であり、各講演についても概ね「満足」との評価をいただきました。

また、今後のシンポジウムについても、大部分の方から「参加したい」との回答をいただきました。

KIRは今後も、皆様に役立つシンポジウムの開催を目指して努めていきます。

以下に、今回の内容を報告します。

  日時:  2018年 11月17日(土)13:00~17:00

  場所:  大阪科学技術センター 4階 405号室

テーマ: 『これからの持続可能なエネルギーを考える ― 水素エネルギーについて』

基調講演  「水素エネルギー社会の実現に向けて」    

    塩路 昌宏 氏(京都大学名誉教授 エネルギー科学研究科 特任教授)

技術講演Ⅰ 「水素の製造・貯蔵・輸送・利用に至る国際サプライチェーン構築への取組み」      

   西村 元彦 氏(川崎重工業株式会社 技術開発本部  

     水素チェーン開発センター 副センター長・理事)

技術講演Ⅱ 「燃料電池の最新動向 ― 固体酸化物形燃料電池を中心として」

     江口 浩一 氏(京都大学大学院工学研究科 物質エネルギー化学専攻 教授)

質疑応答・ディスカッション

懇親会   17:30~19:30  同センター 地下1階 B101号室

【結果】 ・参加者総数 43名(懇親会参加者 26名)   

企業・公設機関ほか; 20社・2大学・3団体   25名( 12 )

  講演者      ; 1大学・1社        3名( 3 )

  KIRメンバー   ;              15名( 11 )

  以下に当日の風景を示します。