第3回KIRテクノシンポジウムを開催、産官学から多数参加いただきました!!

2月17日(土)に、大阪産業創造館6階E会議室において、第3回炭素繊維複合材料(CFRP)テクノシンポジウムを開催いたしました。

全国の企業、大学、公設機関等より総数57名の方々に参加いただき、盛況裡に開催することができました。

また、今回は、パネルディスカッションも加え、KIRからもパネリストに参加し、今後の会員制KIR CFRP研究会への参加の呼びかけも行いました。

第1回からの累積参加人数は185名(うちKIR49名)となりました。今回は、本分野に既に取組んでいる企業、今後取組をめざす方々等、

多数のリピーターの皆様に参加いただき、講演会並びに懇親会の会場は熱気に包まれました。

なお、CFRPシンポジウムにつきましては、この3回で一旦終了とし、新たな活動として会員制の”KIR CFRP懇談会”を発足させ、この懇談会は

CFRPテーマをさらに深堀できる研究会・情報交換の場にしたいと存じます。現在、会員を募集中です。皆様のご入会をお待ちしております。

一方、次回のKIRテクノシンポジウムは、“エネルギー”をテーマに本年後期に開催を予定しております。

 詳細が決定次第、ご案内させていただきます。

【第3回KIRテクノシンポジウム概要】

・日時: 2018年2月17日(土) 13時半開始 (受付13時))

・場所: 大阪産業創造館 6階 E会議室

・講演:

基調講演 “CFRPの今後期待される用途と将来展望”

   濱田 泰以 氏(京都工芸繊維大学大学院教授 伝統みらい研究センター長)

技術講演Ⅰ“CFRPハイブリット成形技術と装置の紹介”

   大石 正樹 氏(株式会社佐藤鉄工所音羽萩工場 工場長)

技術講演Ⅱ“カスタマイズプリプレグ”                   

   菅原 寿秀 氏(丸八株式会社 代表取締役社長)

技術講演Ⅲ“CFRP製造におけるオートメーション技術”

   倉谷 泰成 氏(株式会社カドコーポレーション 代表取締役)

特別講演 “炭素繊維強化射出成形複合材料の自動車部品への適用について”

   藤 和久 氏(マツダ株式会社技術研究所先端材料研究部門 統括研究長兼首席研究員)

・パネルディスカッション  テーマ:CFRPの用途開発に対する課題と対策

   司会:藤井 善通 氏(金沢工業大学 客員教授)

   討論者:各講演者、平松 徹 氏(平松先端材料事務所 所長)、東川 芳晃 氏(京都イノベーション・リソース 理事)

・懇親会   18:00~20:00

・参加者総数 57名 (懇親会参加者 39名)

企業・公設機関  22社2大学2団体    32名(16)

講演者(討論会含む) 5社2大学       7名( 7)

KIRメンバー                18名(16)

 

 

  以上

KIR-水素エネルギー・テクノシンポジウムの開催(11月17日)が決定されました。